周期療法とは

漢方薬の目的

月 経 期

卵胞発育期

不要になった子宮内膜や月経血をスムーズに排泄させます。また、頭痛や肩こり、月経痛がひどい、月経血に血塊がある、色がどす黒く粘りがある、などの症状がある人は、これらの症状の改善も目標にします。新しい卵子を育てる下準備の期間です。

卵巣内で1個の卵胞を成長させ、さらに受精卵が着床しやすいように、より厚い子宮内膜を増殖させます

多嚢胞性卵巣症候群、子宮筋腫、子宮内膜症のある方、またクロミッド・HCGHMG長期間使用で、卵巣過剰刺激症候群(卵巣の腫れ、水溜りなど)のある方は漢方では「去邪」という方法を優先します。

排 卵 期

黄 体 期

卵胞が完全に成熟すると、卵胞は卵子を排卵し黄体に変わります。排卵された卵子は卵管に導かれ精子を待ちます。排卵をスムーズにするため血行をよくし体をあたためる薬を服用します。

黄体から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、子宮内膜の分泌を促進し、受精卵を着床しやすくします。また着床した受精卵に栄養を与えるようなお薬を服用します。

漢方の不妊治療で、今もっとも注目されているのが『周期療法』です。
女性の健康と美しさは、規則正しい生理周期から生まれます。
周期療法とは、生理周期を、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期に分け、漢方薬を飲み分けることに
よって、正常なリズムと体を取り戻すという、漢方(中医学)の新しい考え方です。
従来の、同じ処方を飲み続ける方法よりも、確実に、体のリズムが整えられ、不妊治療の成果が
出やすいのも特徴です。
個人個人の基礎体温表と、体質、不妊の原因、現在の月経の状態から判断し、漢方薬を選びます。

ここで、知っておいて頂きたいのは、周期療法はすべての人に今すぐ実行できるわけではないということす。
 ●定期的な月経のない方
 ●身体虚弱で、妊娠出産に必要な体の準備が不足している方
 ●ホルモンの長期連用で卵巣の働きが悪くなっている方
以上のような方は、まずは、体を整える漢方薬で調整してから、周期療法を始めることをお勧めしております。