不妊症の原因

漢方では、不妊症の主な原因を、腎(じん)、お血(おけつ)、冷えが重要と考え、この三つの点に 着目して 治療していきます。

不妊症の女性(男性)は腎(精)が弱い。
 よく「精力がある」という言葉のとおり、腎とは「先天の精」ともいい人が生まれつきもっている生命力や、子孫を残す力のことをいいます。
 この腎の機能が低下した状態は、「腎虚(じんきょ)」とよばれ、男女ともに不妊症へ繋がります
「後天の精」とは、食べ物を消化、吸収する胃腸の働きにより得られる栄養物質が変化し、補われるものです。たとえ、「先天の精」に恵まれていても、食欲がなく食べられない、又いくら良い食事をしても胃腸がちゃんと働かない(気の力がない)と、食べ物から、妊娠しやすい体に欠かせない栄養物質である血(けつ)を作ることができません。(気の力がないと血は不足する)この気や血が不足すると、腎(精)も弱くなり、不妊症へ繋がります。
また、胃腸がちゃんと働かないと、体にとって、いらないものが溜まり、妊娠を邪魔することもあります。
腎や胃腸の働きを整えることは漢方の不妊治療において、とても大切なことなのです。

冷 え

お血(おけつ)

不妊症の女性は圧倒的にお血が多い。
『お血』とは、うっ滞している血液、古血ともいいます。つまり、血液がドロドロしている状態です  
『お血』がたまると、子宮や卵巣の血流がスムーズにいかなくなり、交通渋滞がおきます。
体中に新鮮な血液が行か届かなくなると、排卵障害や生理不順、生理痛などを起こし、子宮筋腫や子宮内膜症などの原因にもなります。
『お血』になる原因として、ストレス、冷え、食生活、肥満、長期のホルモン治療などが考えられます。
『お血』のある人は、生理の出血が黒っぽかったり、レバー状の塊がでてくることがあります
新鮮で栄養豊富な血液が滞りなく巡っている状態、血液サラサラの状態、つまり、『お血』の無い状態に近づけることは、不妊治療において、とても重要なことです。

【腎(じん)】先天の精(せんてんのせい)と後天の精(こうてんのせい)

不妊症の女性は圧倒的に冷え性が多い。
下半身に冷えがあるのは、卵巣や子宮、骨盤内の血流が悪くなっているためで、栄養や酸素   の供給も充分ではないので、卵巣や子宮は冷たくなっている、ということです。
赤ちゃんは暖かく居心地の良い子宮の中で育ちます。そのため、『冷え』を改善することは、治 療の基礎といえるでしょう。